ヘリオドール

ベリル一家の黄色い子、この石が発見されたのは1900年代のナミビアで見つかったのが最初であまりに黄色く輝くもんだからギリシャ太陽神ヘリオスと贈り物を意味するドローンを混ぜてヘリオドールと命名されたそうな。ん?ギリシャの太陽神はアポロじゃないのかって?アポロは元々は唄や音楽方面の芸術の神でな、2~3世紀かそのあたりにヘリオスと合一して太陽神としての側面を持つようになったんだわ、言うなればヘリオスは、...

清酒「卑弥呼の里」

ヘタウマな卑弥呼のイラストが全力で御当地感をかもし出す赤い日本酒、奈良は桜井の酒・・・卑弥呼、関係ないなw実は古代米で造っていて赤いのはそのせい・・と思いきや古代米でも黒米てのを使用だそうな、てっきり赤米と思ったがどうしたらこの色になるんだw味は素朴かつフルーティな甘さがまず最初に舌にやってくる、しばらく口の中で転がしていると旨みと共にかすかな渋みと苦味が襲来してくる独特な風味。こいつを雑味と取る...

メノウのカメオ

日本でも富山を始めとして色んな場所で採れるメノウ、こいつはよく工芸品に加工され色々と出回ることが多い。観光地でのお土産コーナーにも染色されたメノウのコースターとかあるわなwこいつはドイツの工芸師が作ったカメオ、機械彫りぽいがメノウは硬いので手彫りは滅多に無いそうな。これも、ミネラルで手に入れたんだけどもどことなく令嬢の亡霊ぽい感じが気に入って即買いだった。多分作者の意図は幽霊とかそういうんじゃない...

アイオライト

ケイ酸塩鉱物の青いやつ、和名は菫青石(きんせいせき)・・・・俺最初読めなかったら一応ルビ振っておくw硬度は7と結構硬く、質の良いものはサファイアにも見えるものがあり付いたあだ名がウォーターサファイア。ちなみに、アイオライトってのは宝石として流通するときの名前で、鉱物としての正式名称はコーディエライトなんだそうな。多色性が強い石だそうだけどこのルースは全然色は変わらなかった、ちなみにインド産。ちなみ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。