清酒「卑弥呼の里」



ヘタウマな卑弥呼のイラストが全力で御当地感をかもし出す赤い日本酒、奈良は桜井の酒・・・卑弥呼、関係ないなw
実は古代米で造っていて赤いのはそのせい・・と思いきや古代米でも黒米てのを使用だそうな、てっきり赤米と思ったがどうしたらこの色になるんだw

P6150309.jpg
P6150311.jpg


味は素朴かつフルーティな甘さがまず最初に舌にやってくる、しばらく口の中で転がしていると旨みと共にかすかな渋みと苦味が襲来してくる独特な風味。
こいつを雑味と取るか複雑な豊かさと取るかは呑む人しだい、そういう意味では人を選ぶ酒かもしれない。

少なくともラッパ飲みでグビグビやるとこの酒の味は「やだ~~なんか~~甘いワインみた~い(アヒル口)」で終わるかもしれない、じっくり呑むべしw

何気に古代米で酒造してるところは多く、茨城県でもそういうのがあるそうな・・・一度呑んでみたいねえ。

P6150310.jpg


さてはて、こいつに合う肴はなにかな?基本素材が割りと甘口なんで・・そうだな、いっそ奈良繋がりで、奈良漬けでいただくかw

それでだ・・・なんか呑みすぎたらイラストが変化してたんだ・・・・これがナラの力・・・!
卑弥呼の里

なお画像加工はJSK氏wwww
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。