アイオライト

ケイ酸塩鉱物の青いやつ、和名は菫青石(きんせいせき)・・・・俺最初読めなかったら一応ルビ振っておくw硬度は7と結構硬く、質の良いものはサファイアにも見えるものがあり付いたあだ名がウォーターサファイア。ちなみに、アイオライトってのは宝石として流通するときの名前で、鉱物としての正式名称はコーディエライトなんだそうな。多色性が強い石だそうだけどこのルースは全然色は変わらなかった、ちなみにインド産。ちなみ...

シナバー

日本と中国で紀元前から「朱」という染料として使われてきた赤い奴、弥生時代の壁画にも使われているこいつは和名を辰砂を言う。染料になるだけあって硬度2~3あたりともう石というには柔らかすぎるLV、もちろん宝石としてもほぼ出回っていないらしい。とりあえずルース画像なら、亀山実氏著書の世界のレアストーン図鑑って本に載ってるのでそっちを参考に・・・・・宣伝したからなんかくれw昔から魔よけにも効果があるという...

クリソコラ

1面ボリッシュのクリソコラの破片、風景画にも見える模様パターンに一目ぼれしてお持ち帰りしてきた。クリソコラは銅鉱山の主に酸化帯で採れるものなんだそうな、マラカイトやヘタマイトも確かそんな感じでよくクリソコラとマラカイトは融合して何ともいえない、異次元みたいな風合いの宝石になることがある。その場合はクリソコラマラカイトというまんまな名前で呼ばれる、いずれ手に入れたい石でもあるなあw相当古くから装飾品...

マラヤガーネット

別名ウンバライトとも言うガーネットの一種、マラヤはスワヒリ語で「部族外」「余所者」とかそういう意味があるそうな。余り良い意味の名前ではないので鉱山の名前をとってウンバライトという別名が付いたらしい。右が通常色・・というかググれはほぼこの色のが出てくる感じののマラヤ(0.99ct)で左がちょいレアらしいオレンジのマラヤ(1.52ct)良くありそうで、意外に市場に出回らない類のガーネットなんだそうな。...

トパーズ

水晶と同じケイ酸塩系統の鉱石でも水晶よりちょい硬く、硬度は8とコランダムに次ぐ強靭さ!へき開は一方に完全なんだがwそんなこの石の和名は黄玉。まんまだなw・・・と見せかけて無色の奴もある、というか産出量は無色のやつのが多いそうな。トパーズの中ではおそらくインペリアルトパーズと言われる、まるでシェリー酒の色のものが最上級だそうな・・・名前も直訳すると帝国黄玉だ、強そうだな!そして、これが件の無色・・カ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。